一般社団法人起業支援ネットワークNICe

ユーザーログイン
最新イベント


お役立ちコラム



Column
NICe代表理事の増田紀彦が、NICe正会員・協力会員・賛助会員、寄付者と公式サポ ーターへ送っている【NICe会員限定スモールマガジン増田通信】の中から、一部のコラムを抜粋して掲載しています。
増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」248  ほどほどに 



──▼─────────────────
<最近の提案>  ほどほどに
──▼─────────────────

あっと言う間に夏が来た。

早朝の陽差しが、ウッドデッキの上に広がる銀色の、
細く曲がりくねった筋を照らし出している。

また、きたか……。

庭の暗がりで息を潜めている分には、見過ごしてやらなくもないが、
屋外とはいえ、ウッドデッキは建物の一部。
そこにヌケヌケと上がり込んでくる態度が腹立たしい。

私はサンダルをつっかけ、
キラキラ光る筋を辿り、それが途切れたあたりを捜索した。

やっぱり、いた。

逡巡することなく、始末する。
殺生に心が痛まないと言えばウソになるが、放置すれば害は広がる。

かといって、殺虫剤を使って絶滅させようとはまでは思わない。
ほとほどにやっつけて、ほどほどに見逃す。

あらためて思う。
何事も、ほどほどが肝心だ。

「完全」や「完璧」を掲げることは、実はとても危険な判断だ。

すべての意識がそのことだけに集中し、
結果、それ以外のことがおろそかになる。
いや、おろそかどころか、どうでもよくなる。
もっと言えば、邪魔だとすら感じるようになる。

さらには、目的達成のためなら、何をしてもいいと思うようになっていく。

つまり、心の中に鬼が棲み着く。

そもそも「完全」や「完璧」など、達成できるものではない。
なのに、それをやろうとするから、精神のバランスが蝕まれてしまう。
「仕事の鬼」とは、そういう状態に陥ってしまった人のことだ。

何事もほどほどこそが、視野を確保し、先を展望するための秘訣である。

さあ、また暑い一日が始まる。今日も頑張るぞ~~! ほどほどに。

※銀色の筋とは、ナメクジが這い回った後にできる粘液の付着痕。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増田紀彦NICe代表理事が、毎月7日と14日(7と14で714(ナイス)!)に、
NICe正会員・協力会員・賛助会員、寄付者と公式サポーターの皆さんへ、
感謝と連帯を込めてお送りしている【NICe会員限定レター「ふ〜んなるほどねえ」スモールマガジン!増田通信】。
第248号(2022/7.7発行)より一部抜粋して掲載しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
 前の記事
次の記事 



最新のお知らせ NEWS
2022-09-28 10:59:48REPORT
 頭脳交換会at山梨県北杜市 9月23日開催速報

プライバシーポリシー
お問い合わせ