一般社団法人起業支援ネットワークNICe

ユーザーログイン
最新イベント


お役立ちコラム



Column
起業したては誰もが新人。独立してから遭遇する、 始動して初めてわかる、直面するピンチや悩みの数々。 そんな先輩たちの実体験から学ぶ「起業あるある!」&ワンポイントガイド。
第31回 反対を押し切り、地域振興の大イベントを決行。率先して動き、貫くことで、信頼と地域愛が周知・好循環へ



■□■───────────────■□■
「先輩経験談 あるある!ピンチ&リカバリー」

第31回 
反対を押し切り、地域振興の大イベントを決行。
率先して動き、貫くことで、信頼と地域愛が周知・好循環へ
■□■───────────────■□■


起業したては誰もが新人。独立してから遭遇する、
始動して初めてわかる、直面するピンチや悩みの数々。
そんな「起業あるある!」事例から学ぶシリーズ。

□───────────────────□
 浦上裕生さん 1998年承継(1947年創業・1973年設立)
 神奈川県相模原市
 
 菊屋浦上商事株式会社 代表取締役
 http://www.kikuya-net.co.jp
 
 SDGsコネクトさがみはら 代表
 https://sagamihara-sdgs.com/
 「SDGs 本を読んで未来を絵にするコンクール」
 https://sdgs.city.sagamihara.kanagawa.jp/readingimpressions/
 
 相模原事務用品協同組合 代表理事
 http://www.e-jimu.jp/
 

□───────────────────□

“日本唯一の左利きグッズ専門店”として、
国内外から取材依頼が後を絶たない文具店・菊屋浦上商事の3代目、浦上さん。
文具店ながら、文房具だけでなく、急須や包丁、調理器具など、
生活用品100種類以上の左利きグッズを店頭に並べている。
もともとは、浦上さんの母親が、左利き用のはさみを仕入れたのがきっかけ。
それが左利きの人に喜ばれ、徐々に品目を増やしていき、
浦上さんが家業を継いでから、本格的に左利きグッズに注力した。

一時はネットショップも立ち上げ、大いに好評を得るも、
「ここは商店街。その一員である以上、賑わいが大切。
来ていただく、人の出入りで、街を盛り上げるのも小売業の使命」と、
浦上さんは3年でネットを閉じ、実店舗だけに絞った。
そうなると、何かとピンチが生じるのではと思いきや、意外なお話。

      -------------------------

「記憶に残る大ピンチは『流しそうめん世界大会』です。
当時所属していた相模原青年会議所で主催・企画したイベントで、
2014年の夏のことでした。

2027年開業予定のJR東海リニア中央新幹線の県内駅が、
我が相模原市にできることが決まって、その周知と地域振興を目的に、
子どもたちの夏休み最終日を飾ろうと考えたイベントです。
市の総合体育館の大階段で、でっかい流しそうめんをやろうと。
リニアの速度10分の1となる時速50キロで、世界最高速の流しそうめんへの挑戦と、
地域の消防団やスポーツクラブなども巻き込んで、チーム対抗の流しそうめんレース、
それと、体育館内での室内イベントなどを企画しました。
その発案者が私であり、実行委員長も務めたのです。

でも、当時のメンバー半数以上から大反対を喰らいました。
『そんなふざけたイベント、俺たちのブランドに傷がつく!』と。
はぁ~? ブランドなんて、そもそもないだろ!と言い合いになって。
それでも100人中、3人くらいが賛同してくれて、やってやろう!と始まりました。

いやいや、奔走しました。とにかく人手が足りない。
開催前の準備期間から話題づくりをして、発信もして、交渉もして、ダンドリ着けて。
流しそうめんの実験もして、高速の練習もして、と、やることが山盛り。
地元メディアが開催告知の紹介を徐々に広めてくれたおかげで、
協力メンバーも少しずつ増えてくれましたけれど、もう必死でしたよ。

結果、当日だけでなく後日も、NHKや民放、地域ネットをはじめ、
雑誌や海外メディア、個人ブログでも取り上げてくれて、
外部での反響の大きさが逆輸入のような形で内へと響いて、
開催後に、意義や話題性、価値が浸透したかなという感じでした。

ビジネスにも言えることですが、
自分ひとりで回る規模ではない場合、いかにして協力者を得て、
巻き込んで、自分の手から1つでも役割を手離れさせていけるか、
学ぶことは多かったです。
今考えれば、改善の余地はありますが、当時はやるしかない!と思って。
説得に時間をかけるより、背中を見せるというか、実働で見せて、
外から巻き込んで、取材実績を伝えるツールとして活かして、
回っていくように組み立てていく。何より率先して動くのがトップかなと。

このイベントが本当に大ピンチな経験だったので、
これ以降、本業でもなんでも、『あの時に比べれば』と思えます(笑)。
自分が強くなれた有難い経験であり、それと、信頼を得られたことも大きいです。
今でも話題になるようで、地域のみなさんや後輩からは、
『浦上は嘘をつかない。口だけじゃない有言実行、何より自ら率先して動く奴だ』と、
思っていただけたようで、これも、後から着いた大きなご褒美でしょうね。

今も地域活動などに数多く携わっているのも、地道な実働のご褒美、その延長かなと。
イベントのほかにも、職場体験学習や学生さんの取材も歓迎して受け入れてきました。
左利きグッズをとおして、子どもたちは身近な人と人との違いを知るきっかけになり、
他者への気配りも芽生えます。
それに、子どもたちの発想から、こちらも学ぶことが多いですから。
また、SDGs活動に関する講演もしてきたので、その経験から、
地域団体「SDGsコネクトさがみはら」も設立して、まさに今、動いていますし、
『SDGs本を読んで未来を絵にするコンクール』を開催し、
仕掛けるだけでなく、結果に、未来につながるイベントを継続的に行っています。

本業だけに関わらず、地域のこと、小さなことを
地道に続けていくことで、いつか芽が出て、いつか花も開く。
そういうことが多くあることを経験してきたので、これからも、
興味のあること、自分がワクワクできること、
何にでもトライしていきたいと思っています」

□───────────────────□
   あなたの挑戦を応援しマッスー☆
      ワンポイントガイド
□───────────────────□

「あなたの知り合いの中で一番行動力のある人は誰?」と
尋ねられたら、私は即座に「浦上さんだ」と答えます。イ
ンタビュー記事を読めば、私の答えが十分に裏付けられて
いるはずです。実は話題の『流しそうめん世界大会』には、
私も参加しています。相模原の地域振興を目的にしたイベ
ントではありますが、浦上さんは私に、「この機会に東北
の復興支援も行いたい」と声をかけてくれ、私は津波被害
を受けた福島県いわき市のそうめんを持参して、会場で支
援配布・宣伝を行ったのでした。イベントの開催自体、こ
れほど大変だったのに、他者への思いやりも忘れない浦上
さんにはただただ頭が下がりました。本当に彼は立派です。
それゆえに、立派であるがゆえに、彼の問題意識やアイデ
アについてこれない人が出てしまうのも、また事実でしょ
う。飛び抜けたリーダーには、普通の人との接着剤になる
人材が不可欠です。きっと今は、そういう人たちも多く育
っていることでしょうね。まさに、浦上さんの右腕ならぬ
左腕たちが。(ますだ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「つながり力で起業・新規事業!」メールマガジンVol.158
(2022.2.14配信)より抜粋して転載しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは、毎月11&21日頃にお送りします(土日祝の場合は翌平日)。
NICeユーザー(SNSに登録)に限らず、どなたでもご購読登録いただけます。

バックナンバー&購読登録はこちら 

NICeユーザー(SNSに登録)へは自動送信しますので、
メルマガ登録する必要はありません。
NICeのSNSは登録も利用も無料です。
☆NICeのSNS新規登録(NICeユーザー登録)こちら

 
 前の記事
次の記事 



最新のお知らせ NEWS
2022-09-28 10:59:48REPORT
 頭脳交換会at山梨県北杜市 9月23日開催速報

プライバシーポリシー
お問い合わせ