一般社団法人起業支援ネットワークNICe

ユーザーログイン
最新イベント


NICeなビジネスプランコンテスト


Business plan Contests
NICeなビジネスプランコンテスト入賞者に協力いただき、プラ ン発想の起点・動機、受賞後の進展、事業実現過程での頑張り どころなどをご紹介。起業・新規事業のヒントに。
「NICeなビジネスプラン誕生秘話」第16回 池田公也さん(栃木県宇都宮市)



■□■───────────────────────■□■
    「NICeなビジネスプラン誕生秘話」 第16回

第5回NICeなビジネスプランコンテスト 審査委員長特別賞

 池田公也さん(栃木県宇都宮市)
 株式会社デジロウ 代表取締役
 
 受賞プラン名称
『遠方から客を連れてきます!
 SNSを活用した地域イベント集客サービス』
 
■□■───────────────────────■□■


◆3年連続エントリー、ビジコンを活用して事業進化へ挑む姿勢に評価

2017年12月に開催された第5回NICeなビジコン本選の表彰式で、
「特別賞おめでとう、そして、応募してくれてありがとう!」と
増田審査委員長から感謝を込めた賛辞が贈られたのが、
栃木県宇都宮市から来場した池田公也さんだ。

この2年前、2015年の第3回ビジコンでも奨励賞を受賞。
そのプランから派生して事業化した『でじろうサーベイ』を
さらに発展させたプランで第5回に応募し、審査委員長特別賞を受賞した。

『でじろうサーベイ』とは、イベント来場者がスマホで楽しみながら、
アンケートや人気投票に参加できるデジタルマーケティングシステムだ。
「地域イベントを盛り上げたい」
「お客さんにアンケートを取って声を聞きたい」
「イベントの集客、協賛を募るのが厳しい」などの課題やニーズを
地元の経営者仲間から聞き池田さんが開発した。

イベント主催者にITの専門知識がなくても運用がしやすく、
スマホ上に協賛企業の商品PRもできるため、スポンサー集めにも貢献。
集計・分析・結果は10種類以上のグラフ化で把握しやすく、
来場者特性まで明確になる分析レポートを池田さんが作成する。

この発展形を思いついたのは、2017年の秋、
地元イベントで採用されたことがきっかけだった。


◆次開催への有効活用を確信&新たなニーズと市場を発見

池田さんの地元は、大谷石(おおやいし)で有名な石の街。
深さ30m、広さ2万平米の地下採掘場跡・大谷資料館では、
さまざまなイベントが開催されている。そのひとつ
『フェスタin大谷』で、『でじろうサーベイ』が採用された。

「地域イベントというと、これまで地元の人が参加すると見込んで
チラシでの告知がメインでした。でも集計結果と分析から見えたのは、
遠方からの来場者の多さ。さらにSNSを見て来た人が昨年比10倍!
またその多くが友人を誘い、複数人で来場していることもわかったのです。
次回の集客戦略に大いに活かせる!と自信が持てました」

だが、SNSをどう運用してよいのかわからないイベント主催者は少なくない。
そこで池田さんは、SNSを活用したイベント集客から効果検証までを
手厚くサポートするプランを考えたのだった。


◆イベント企業との連携で、ドームやスタジアムでの活用へ!

とはいえ、ひとり経営者のため注力できるリソースは限られている。
まずは『でじろうサーベイ』の有効性を周知しようと、展示会などにも出展。
さっそく東京のイベント企業の目に留まり、協働で大規模イベントも可能に。
2018年6月には、東京ドームで開催された日本社会人アメリカンフットボール
『Xリーグ』決勝戦に採用された。

「自分の技術で地域に貢献したい、地域の小中企業経営者の役に立ちたいと、
努めている中で生まれたでじろうサーベイが、
東京ドームでのイベントに採用いただけたのはやはり嬉しいです。
栃木県内は手づくりイベントやプロスポーツチームも多いので、
盛り上げに貢献して、地元チームを応援していきたい。
あわせて、全国のドームやスタジアムでのスポーツイベント、
そして2020年のオリンピックも視野に、これからも挑戦したいです」

今年もまもなく第6回NICeなビジコンの応募が始まる。
連続エントリーで事業を進化させてきた池田さん。
こちらもぜひまた挑戦してほしい。


▲2017年12月開催 第5回NICeなビジネスプランコンテスト本選 表彰式で増田審査委員長から表彰状を授与。右写真の記念撮影では中央列の左から3人目

┌───────────────────────────────┐
 池田公也(いけだ・ともなり)さん/栃木県宇都宮市
 株式会社デジロウ 代表取締役
 http://digirow.com/
 
○プロフィール 1976年3月9日、栃木県宇都宮市出身。
中学時代は柔道部主将。大学は工学部建築学科に進学するも、インターネ
ットに興味をもち進路変更してカリフォルニア大学へ。Jacobs School of
Engineeringで計算機科学の学位取得。帰国後、米国企業の日本法人に3年
勤務し、2006年にフリーランスの技術コンサルタントとして独立。自社オ
リジナルサービスの開発販売を機に、2012年、故郷へUターンし法人化。
2015年、第3回NICeなビジコンで奨励賞を受賞。2016年11月『でじろうサ
ーベイ』始動。2017年、第5回で審査委員長特別賞。経済産業省認定『サー
ビス等生産性向上IT導入支援事業・IT導入支援事業者』でもあり、小規模
企業や個人店のIT化をサポート。現在は多忙だがいつか、大学時代に趣味
だったサーフィンを再開したいと思い始めている。
└───────────────────────────────┘

2018.8.21 配信
「つながり力で起業・新規事業!」 メールマガジンVol.71



NICeとは? NICeの合言葉は「つながり力で、日本経済と地域社会の未来を拓く!」。全国のみなさんがつながる場として、登録&利用無料 のSNSを提供しているほか、全国各地で交流会や勉強会などリアル活動を開催しています。どなたでも参加歓迎です。
SNSは登録もご利用も無料ですのでどうぞお気軽にご参加ください。登録ご希望の方はこちら「初めての方へ」をご覧のうえ ご登録をお願いします。
Contents
2020-09-21 | メルマガ

プライバシーポリシー
お問い合わせ