一般社団法人起業支援ネットワークNICe

ユーザーログイン
最新イベント


お役立ちコラム



Column
NICe代表理事の増田紀彦が、NICe正会員・協力会員・賛助会員、寄付者と公式サポ ーターへ送っている【NICe会員限定スモールマガジン増田通信】の中から、一部のコラムを抜粋して掲載しています。
増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」222 電話番号が先、事業内容が後、でもいい



──▼─────────────────
<最近の提案>  電話番号が先、事業内容が後、でもいい
──▼─────────────────
電話番号にはある種のイメージがある。
もちろん固定電話の話であり、必然的に古い話になる。

市外局番5桁は田舎、4桁は郊外、3桁は大都市、2桁は東京と大阪。
要するに往時は、この桁数が地域の発展度合いの目安になっていた。

なので、5桁から4桁に変わったり、4桁から3桁に変わったりすれば、
そりゃもう、「わが町は大躍進した!」と、大騒ぎしたものである。

もっとも、市外局番の短縮が好ましくないケースもあるようだ。
茨城県の正会員の横田透さんから聞いた話では、
以前、同県の筑波一帯の市外局番は0298で、
それを「オー! ツクバ」と語呂合わせしていたそうだが、
3桁の029になってしまったせいで、語呂が成立しなくなったと。

そういえば、かつてウィークリーマンションというビジネスモデルがあった。
事業を起こした株式会社ツカサは、すでに倒産し、
テレビコマーシャルに自ら出演していた社長自身も破産して、
今は福島県のある町でひっそりと暮らしている。

同社の全盛期のコマーシャルを覚えている人もいるだろう。
♪よんよんまるまるわんわんわん ツカサのウィークリーマンション。
要するに(03)440-0111が同社の代表番号である。

ところが、東京03局や大阪06局に属する市内局番は、
そのCMがオンエアされている時期に3桁から4桁に増え、
東京は元の3桁の番号の前に3が、大阪は同様に6が足された。
そのせいで、ウィークリーマンションのCMソングも、急遽、
♪さんのよんよんまるまるわんわんわん……、
と、変更せざるを得なくなり、リズムは確実に悪くなった。

それが原因で倒産したとは言わないが、
バブル期の東京のホテル料金高騰に目を付けたウィークリーマンションは、
同様にバブルによって急増した電話回線量のせいで打撃を受けたわけだ。

その点、電話番号コマーシャルの元祖的存在であるハトヤ旅館の、
♪伊東に行くならハトヤ 電話は良い風呂(4126)、
の場合は、下4桁の加入者番号で語呂合わせをしているから、
市外局番や市内局番がどう変わろうと影響を受けない強みがある。

近年の電話番号の語呂合わせといえば、もっぱらフリーダイヤルだ。
0120-022-022は、「オー人事、オー人事」。人材派遣のスタッフサービス。
0120-783-640は、「悩み、無用」。毛髪サービスのリーブ21。
アリコの0120-117(いいな)-117(いいな)も記憶に残る。

さすがに昨今は固定電話番号を大々的に打ち出す宣伝方法は影を潜めたが、
フリーダイヤルは、まだまだ市場との接点を作る有効な手段である。

そうであるならば、
先に、目茶苦茶覚えやすいフリーダイヤル番号の語呂合わせを考えておき、
後から、その語呂に合致する事業を計画するという手もある。
冗談のようだが、市場アクセス方法を先に解決しておくと後が楽だ。

さて、電話番号で忘れてはならないのが携帯である。
最近ネットでも話題になったが、
090から始まる携帯電話番号は「おじさんみたい」なのだそうだ。

言われてみれば、私より一回り、二回り下の世代の人たちは、
たいがい080を使っている印象があるし、
それよりも若い人たち、つまり学生さんたちなどは、おおむね070らしい。
総務省によれば、そのうち060も使うようになるだろうと。

まさか、携帯番号で年寄り扱いされる羽目になるとは……。
かつて、5桁の市外局番地域に住む同級生をいじめたバチかもしれない(笑)。
電話番号は差別化すべきものであり、差別のネタにしてはいけないのである。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増田紀彦NICe代表理事が、毎月7日と14日(7と14で714(ナイス)!)に、
NICe正会員・協力会員・賛助会員、寄付者と公式サポーターの皆さんへ、
感謝と連帯を込めてお送りしている【NICe会員限定レター「ふ〜んなるほどねえ」スモールマガジン!増田通信】。
第222号(2021/0607発行)より一部抜粋して掲載しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
 前の記事
次の記事 



最新のお知らせ NEWS
2021-10-25 08:07:14NEWS
 本日配信:NICeメルマガvol.152【増田紀彦の視点・あえて哲学】

プライバシーポリシー
お問い合わせ